債務整理

債務整理中への即日融資

お金を借りるなら金利がなるべく安くて、さらに贅沢を言えば無利息期間があるほうがいいですよね!

自己破産者は、きちんとしたクレジットカード会社などでは融資を受ける事が困難になります。

自己破産者は融資が受けられないと法律が決めているのではなく、クレジット会社などが自己破産者 の情報を把握しており、貸さないと判断しているからです

 

続きを読む "債務整理中への即日融資"

|

過払い金請求の扱いはブラックリスト?!

サラ金で今まできちっと支払いをしていて、グレーゾーン金利の撤廃から
過払い請求をした。過払い 請求の返還は法的に認められたことですが、

サラ金業界では過払い請求をした者の扱いは「ブラックリスト」と同じ扱
いだそうです。 以下ニュース引用:サラ金が融資時に利用する、顧客の

融資履歴、返済状況などの情報をまとめる 全国信用情報センター連合
会(全情連)が、利息制限法上限以上の利息過払いの返還請求者を 見

分けるような情報登録をしていました。日本共産党の大門実紀史議員は
十二日の参院財政金融委 員会で、「過払い返還請求者にレッテルをは

るような区分は必要ない」と批判し、サラ金業界への 指導を求めました。
これまでサラ金は、利息制限法(年15%から20%)よりも多く出資 法

の29・2%よりは低い「グレーゾーン金利」をとることで、異常なもうけを
あげてきました。これ を認めない最高裁判決とグレーゾーンを撤廃する

貸金業規制法の改正により、利息制限法以上の「過払 い」を返還させる
請求が相次いでいます。 全情連は、過払い返還請求者を自己破産など

と同じ「債務整理」 として登録、ブラックリスト並みの扱いをしていました。
九月からは「契約見直し」と区分を変更するとし ていますが、情報が連動

するクレジットカードなどでは、利用に影響があります。 大門氏は、こうし
た区 分が、サラ金業界からの要求であることを指摘し、貸金業規制法の

改正の趣旨に沿うものかただしました 。山本有二金融担当相は、過払い
金返還が正当な権利と認め、「返還に支障のでる行為は法改正の趣旨と

違 う」と答弁。佐藤隆文・金融庁監督局長は「貸金業協会を通じた何らか
の働きかけが可能か検討したい」と答弁しました。

| | トラックバック (0)

公務員を辞めずに借金の整理をする方法

債務整理の中で、公務員の方のほとんどが選択される手続きは、「任意整理」です。任意整理は、弁護士と業者が直接交渉をして借金の返済金額や返済方法を決めていくという手続きです。

この手続きの場合、弁護士が業者に「任意整理の手続きをします」と通知することになるのですが、整理の対象とする業者を選ぶことができるのが特徴です。そのため、共済から借金をしている場合には、共済を任意整理の対象から除き、それ以外の業者について手続きを進めると、職場に事実が露見することなく、借金の整理を進めることができます。ですから、会社を辞めざるを得ない状況にはなりません。

また、業者としては、将来の返済が不明確であれば、なかなか毎月の返済額を下げようとはしませんが、公務員の方は安定した収入が今後も見込めますので、業者との交渉がスムーズに進む傾向があります。

ですから、借金の返済をしつつ、将来にわたって公務員を続けたいとお考えの方は、早めに任意整理に着手されることをおすすめいたします。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過払い金と利息の関係

過払い金返還請求で債務整理するとお金が戻ってくる理由過払い金返還請求手続きで債務整理すると過払い金が戻ってきます。理由は、利息制限法(法律)に基づき、当時の契約内容の見直しをし、利息の引き直し計算をすることで過払い金が返還されます。「当時の契約内容を理解したうえで借入をしているのに手続き後にお金(過払い金)が戻ってくるなんて矛盾では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが一般的な金融業者は利用者からそれだけ高い利息を取っているということも事実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きく変化した過払い金請求について

補足を致します。
2013年1月現在においては、債務総額の整理をする債務整理よりも、昔は少なかった過払い金請求の債務整理が目立っている現状です。
以前はご法度の空気が流れていた過払い金請求ですが、弁護士事務所などがどうどうと「取り戻すべき」と謳い過払い請求をする人が増えています。


過払い金の返還請求にて債務整理といわれても何のことだかよくわからないという方が多く、また過払い金返還請求という言葉を耳にするきっかけも少ないために認知度も低いというのも過払い金返還請求の現状です。

債務整理の過払い金返還請求とは、利息制限法という法律に基づき「払いすぎた利息(過払い金)を返してもらいましょう」という手続きです。過払い金返還請求の手続きで債務整理した結果、過払い金が元金を上回り借金がなくなり、過払い金が戻ってくるというケースがあります。

過払い金額は金融業者との取引年数や支払い額によって変わってきますが、金融業者との取引が長ければ長いほど過払い金は多く発生します。また、過払い金返還請求は、任意整理の延長上の手続きといえます。弁護士に依頼する場合そのほとんどの手続きを弁護士が行いますので安心してお任せください。

利息制限法と出資法について

現在、利息を定める法律は、利息制限法と出資法という矛盾した2つの法律があります。

利息制限法では上限利率が低く設定されており、出資法では、上限利息が利息制限法より高く設定されています。
この矛盾した法律が裁判所の判決により改められ、法律上の上限利率は利息制限法(出資法より低い利率)の利率が適用されるようになりました。

債務整理手続きでは、出資法で定められた高い利率でクレジットを利用されていたものを、一番最初に借りた日に遡って利息制限法に定められた安い上限利率で計算し直すことにより、今現在の残高が減額したり、ゼロになったり、場合によっては、過払い金として返還されるのです。(最高裁 判例 平成18年01月13日 第二小法廷判決 平成16年(受)第1518号 貸金請求事件)このことにより今後、利率を定める法律は改正される予定です。


【ピックアップサイト】


審査甘い


審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

| | コメント (0) | トラックバック (0)