« アダルトグッズ | トップページ | 携帯小説とは »

合法ハーブにもなってる、ニガヨモギ

合法ハーブを実際手にしたことがある人は、合法ハーブの形容が草花を乾燥させた状態のものが多く存在してると存じてるでしょう。
乾燥させた植物系の合法ハーブの中でも、ごく々稀に使用されている植物があります。

合法ハーブに使われるエレメントの名称が気になる方の為にご紹介いたします。

合法ハーブにもなるニガヨモギは、葉は白みがかった緑で、学名をエルブ・アブサントと言います。

実は日本国内の至るところで生えている多年草なので、探せばあちこちで発見可能です。
エルブ・アブサントは、その名の通り、世界意的に見ると、合法ハーブの使用よりもアブサン酒の方が有名で、度数が高く、飲酒により精神障害を引き起こす事で様々な国でタブーとなっているのです。

日本国内は禁止では無いので、世界規模で見ると合法ハーブ扱いとなりえます。

ヤーマン

耳をそぎ落としたゴッホの話は有名ですが、それもアブサンを飲んで精神障害に陥ったせいだと言われています。

話を戻すと、
合法ハーブは有効成分のある草木を何種類もかけあわせて生産されています。

先にもお話した通り、合法ハーブで、このニガヨモギが使われている場合が極稀にあります。

合法ハーブの効果を皆様既に存じているかと思いますので、詳しくは書きませんが、合法ハーブをインセンスとしての使用以外の使い道をされるかと予想しております。

ウィキッド

そうなると、「非合法とされておらず(要するに合法ハーブで成り立つ)、そして中枢神経系に何らかの影響を与える事を求めて」となるのではないでしょうか?

それこそが合法ハーブに追求されるテーマだからです。

バビロン

それでは、合法ハーブに求められる「中枢神経系に何らかの影響(効果)を齎す精油成分」についてなのですが、 抽出される精油成分は「ツジョハン(またはツヨン (thujone))」と言う名称となり、それが合法ハーブに大きく役立っています。

マリファナのTHCに似た科学記号を持っている為、様々な草木がブレンドされて有効成分の効力は掛け算されますので、合法ハーブとして利用されて然るべきなのです。

合法ーブの中では、「thujone」はヨモギ系や、セージ(サルビア)などから検出されます。

アイリー

合法ハーブは少量になりますので、多少であれば合法ハーブで体内に取り込んでも、身体にも良いと考えています。

合法ハーブの使い道とすると、単体での摂取だと以外と危険を伴います。
量によりますが、飲食、又は吸引した際、嘔吐、厳格、錯乱、痙攣を引き起こします。

いわゆる「せん妄状態」に類似する症状となるだけでなく、習慣性のリスクも付いてきます。

合法ハーブ販売

(ちゃんとした合法ハーブだと、習慣性の低い商品が大半を占めている。)

ですが、生草ですと数キログラム以上を取り入れないと上記の症状には辿り着けません。

ですので、生草で合法ハーブ効力を狙うのは至難の技ですね。

数キログラムを大量に食べる、ないし合法ハーブの様に吸引するのは簡単ではありません。

そうなると、 合法ハーブ扱いにして摂取とすると体内に取り込むのは困難でしょう。

合法ハーブ記載は主にウァームウッド(WormWood)、又はArtemisia absinthiumと表記されていることでしょう。

合法ハーブ購入の機会がありました際は、合法ハーブで加工されるエレメントにも目を配るといがいと面白いです。

|

« アダルトグッズ | トップページ | 携帯小説とは »

気まぐれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534129/34425902

この記事へのトラックバック一覧です: 合法ハーブにもなってる、ニガヨモギ:

« アダルトグッズ | トップページ | 携帯小説とは »